大阪での『退職問題』退職代行業者に今すぐ相談
大阪での『退職問題』退職代行業者に今すぐ相談 > 就業規則 > 【注目度評価付き】福利厚生の目的と種類を理解しよう

【注目度評価付き】福利厚生の目的と種類を理解しよう


福利厚生の目的とその重要性

福利厚生とは、会社側が従業員に頑張って欲しいという想いで設ける非金銭報酬の総称です。

少子高齢化によって労働人口の減少が社会問題になりつつある今の時代は、優秀な人材の確保や従業員の定着率を高めるために、福利厚生の充実を図る企業が増え始めています。

また現代社会で活躍する若い世代の人たちは、仕事よりも地域での暮らしや家庭、個人生活を優先する傾向がありますので、こういった従業員の満足度を高める上でも福利厚生が欠かせない存在になりつつあると言えそうです。

法定福利と法定外福利

福利厚生には、法定福利と法定外福利という2つの種類があります。

会社側が支払うことを法律で定めている法律福利の中には、各種社会保険料や年金といった項目があります。

これに対して法定外福利は、会社がそれぞれ独自に設ける福利厚生の総称です。

住宅関連の福利厚生

注目度評価の高い住宅関連の福利厚生は、厚生労働省の調査においても高い割合を占める存在です。

一般的な制度の例としては、住宅手当や地方赴任時の家賃補助、持ち家補助といったものがあります。

また大手IT会社の中には、会社の最寄り駅から2駅圏内に住む従業員に対して家賃補助を支給する2駅ルールといった福利厚生を設ける企業もあるようです。

医療・健康関連の福利厚生

社会的にワーク・ライフ・バランスが重視される近頃では、従業員の心身の健康に着目した福利厚生やケアサポートを導入する会社も増えています。

例えば、法定以上の詳細検査のできる健康診断にかかるお金を補助すれば、従業員の健康状態のチェックや病気の早期発見も行いやすくなります。

また2015年12月よりストレスチェックの受診が義務化されていますので、福利厚生における健康面の注目度は非常に高いと言えそうです。

災害・慶弔関連

全国的に災害の増える近頃では、被害に対する見舞金の現金給付や慶事の祝い金を福利厚生に含める企業も増加傾向あります。

例えば、家族の負傷、障害、死亡といった予期の難しい出来事に対する給付金の支給は、従業員に保険のような安心感を与える存在となります。

また中には、従業員の結婚や出産、子供の成人といったライフスタイルに合った祝い金を出す会社も増えていますので、福利厚生の制度を理解する上で参考になる事例はかなり多様化していると捉えて良さそうです。


           

弁護士法人アズバーズ

おすすめポイント
  • 着手金0円完全成功報酬
  • 電話相談24時間365日無料
  • 残業代請求の専門事務所
費用
残業代請求費用初期費用(着手金、実費等)0円
成功報酬は回収額の20%~
無料相談メール、電話など
追加費用回収額の20%~
支払方法
返金保証完全成功報酬
サービス内容
運営会社弁護士法人アズバーズ
受付時間24時間対応
期間即日~
弁護士の指導顧問弁護士あり
転職サポートなし

公式サイトはこちら

トップページへ

カテゴリ

残業代

有給休暇

解雇

就業規則

口コミ・評判

サイトマップ
比較ランキングはこちら