大阪での『退職問題』退職代行業者に今すぐ相談
大阪での『退職問題』退職代行業者に今すぐ相談 > 解雇 > 懲戒免職処分と懲戒解雇の違いを教えてください

懲戒免職処分と懲戒解雇の違いを教えてください


懲戒解雇と懲戒免職処分における違いとは?

会社勤めをしている労働者に対しては、懲戒解雇という表現を使うのが一般的です。これに対して処罰対象となる労働者が公務員だった場合は、懲戒免職処分としてさまざまなメディアやニュースでその事件が公開される形となります。この両者に共通するのは、一般的な言葉で例える「クビ」にあたる処罰であることです。

公務員の懲戒免職処分の場合は不服申立ての方法と手順がある

公務員が受けた懲戒免職処分に不満や不服がある場合は、まず行政機関内部で不服申立てを行なわなければなりません。またその後に裁判にて懲戒免職処分に関する内容を争う場合は、取消訴訟という手段をとる必要があるため注意が必要です。

公務員の懲戒免職処分の取り消しはどんな時に可能となる?

大変有名な最高裁判所の判決の中には、公務員における懲戒免職処分の内容や判断は、「公務員の内部に任せる」というものがあります。また明らかに裁量を逸脱し、そして乱用したともとれる懲戒免職処分の場合は、「違法性により処分を取り消すこと」ができるのです。

懲戒免職処分の取り消し可能な具体例とは?

公務員における懲戒免職処分の取り消しで最も多いのは、「処分の前提となった事実や問題を間違った内容で判断している」ということです。これはある意味、組織内の調査やヒアリング不足によって生じるトラブルとなりますので、一般企業の懲戒解雇でも想定できる事例と考えて良いでしょう。この他に上司や同僚における報復などの明らかにおかしな目的が背景にある場合も、懲戒免職処分の取り消しが可能となります。また行政機関内部で決定した基準よりも遥かに厳しすぎる処分をした場合も、取り消しができる形となりますので、裁判では社会的な正当性や客観性も十分に考慮されると捉えて良いでしょう。

懲戒解雇・懲戒免職処分ともに注意すべきこととは?

会社の事業主や行政機関のリーダーが懲戒解雇や懲戒免職処分などを行なう際には、当該労働者からの訴えが生じないように、正当な手順と理由によって対応を行なわなければなりません。特に企業の場合は事業主の間違った対応によって損害賠償請求に至るケースも多く見受けられますので、従業員側のトラブルがどんなに悪質なものであっても慎重に対処をすべきと言えるでしょう。


           

弁護士法人アズバーズ

おすすめポイント
  • 着手金0円完全成功報酬
  • 電話相談24時間365日無料
  • 残業代請求の専門事務所
費用
残業代請求費用初期費用(着手金、実費等)0円
成功報酬は回収額の20%~
無料相談メール、電話など
追加費用回収額の20%~
支払方法
返金保証完全成功報酬
サービス内容
運営会社弁護士法人アズバーズ
受付時間24時間対応
期間即日~
弁護士の指導顧問弁護士あり
転職サポートなし

公式サイトはこちら

トップページへ

カテゴリ

残業代

有給休暇

解雇

就業規則

口コミ・評判

サイトマップ
比較ランキングはこちら