大阪での『退職問題』退職代行業者に今すぐ相談
大阪での『退職問題』退職代行業者に今すぐ相談 > 残業代 > 残業代が欲しいから残業を行う!?生活残業を減らすシンプルな方法

残業代が欲しいから残業を行う!?生活残業を減らすシンプルな方法


残業代が欲しいから残業する人に悩んでいませんか?

日本の残業代のおける問題の中には、生活費を稼ぐために遅くまで会社に居続け、実作業以上の割増賃金を稼ぐ従業員への対応に関する部分も非常に多く見受けられます。

その逆で会社側がきちんと割増賃金を支払っていない場合は、労働基準法違反となるサービス残業によって従業員から訴えられる可能性も出てきます。

これに対して残業代欲しさにいつまでも残業をし続ける従業員については、労働基準法の違反にはならないため、会社側で対応するしかない実態があるのです。

ではこうした悪質な従業員を見つけた時、事業主の皆さんはどのように対処すべきなのでしょうか?

基本給が安すぎる問題

多くの残業代を求めて生活残業をする従業員たちは、生活費を稼ぐために割増賃金を求める実態があります。

例えば、会社側で成果分の賃金や基本給を安く抑えると、従業員は生活費を確保するために多くの残業をせざるを得なくなります。

これに対して会社側の評価をきちんと賃金に反映させていて、尚且つそれぞれのスタッフに与える仕事量にも無理のない企業では、生活残業のチェックを厳しくしなくても従業員の大半が定時で帰ろうとする実態があるのです。

基本給は固定、残業代は上限がない

こうした提案に対して、基本給を上げると会社側の人件費が膨らみすぎると感じる事業主の方々は大変多く見受けられます。

しかし次の昇給まで一定額となる基本給は、経理処理を行う会社側にとって把握のしやすい存在とも言えるのです。

これに対して残業代については、「あの人が生活残業をやっているなら、私も真似して居残ろう」と考える従業員が増大するリスクもあるため、こうした状況を野放しにしておくことは非常に大きな問題に繋がり兼ねないと言えるでしょう。

きちんと仕事を分割することも必要

会社の中に「遅くまで残業をし続ける従業員」と「そんなに残業をせずに早く帰宅する従業員」の2パターンが存在する場合は、その理由を考えることも必要です。

前者に陥りがちな従業員の中には、能力以上の仕事量を与えられていたり、適材適所とは言えない状況に陥っているケースも非常に多く見受けられます。

また作業の分割をしっかり行うことで削減できた割増賃金の改善例も大変多く存在しますので、もし心当たりがある場合は労働生産性に着目したシンプルな方法も検討してみてください。


           

弁護士法人アズバーズ

おすすめポイント
  • 着手金0円完全成功報酬
  • 電話相談24時間365日無料
  • 残業代請求の専門事務所
費用
残業代請求費用初期費用(着手金、実費等)0円
成功報酬は回収額の20%~
無料相談メール、電話など
追加費用回収額の20%~
支払方法
返金保証完全成功報酬
サービス内容
運営会社弁護士法人アズバーズ
受付時間24時間対応
期間即日~
弁護士の指導顧問弁護士あり
転職サポートなし

公式サイトはこちら

トップページへ

カテゴリ

残業代

有給休暇

解雇

就業規則

口コミ・評判

サイトマップ
比較ランキングはこちら